光ケーブル監視システムのラインアップ

当社の光ケーブル監視システムはスタンダードタイプ、同時測定監視システム、光ケーブル瞬断検知システム があります。また故障位置を地図上に表示するための設備管理システムもご用意しております。 お客様ニーズ合わせた柔軟なカスタマイズを行えます。

■スタンダードタイプ

  • 監視対象の芯線を設定した周期で監視を継続し、異常を検出した場合は損失、距離をアラーム通知いたします。
  • 従来の「試験部分散型」に加え、1試験部で多数の光測定装置を接続可能な「試験部集中型」が加わりました。
  • 設備管理システムと連携することにより地図上へ異常箇所の表示ができます。

■同時測定監視システム

監視全チャネル(最大64芯)を24時間365日同時に一括測定で監視し、異常発生時は、 個別測定により故障点を特定しアラーム通知いたします。 設備管理システムと連携により地図上へ異常場所の表示が可能です。    

■瞬断検知システム(特許第5241419号)

通信状態の不安定な回線(一時的な損失増、時々断線等)を集中測定し瞬間的な断線等を検知し 発生日時、異常箇所を特定いたします。  

■設備管理システム

電柱、光ケーブル、地下設備等を地図データベースへ登録し管理できます。

ラインアップ関連図

光ファイバの故障

光ファイバー通信網は、通信・CTATV・地域情報を始め、ダムの流量制御や上下水道、 気象関係に至るまで、いまや国民生活に欠くことのできないインフラとなっています。 光ケーブルの故障は、鳥獣などによる噛み切り、災害、事故、浸水による損失増加、 などの故障が発生しており、今後経年劣化も予想されます。 光ファイバーが一旦故障してもリモートファイバテスターのような監視システムが無ければ、 その故障個所、時刻の特定に手間取り、復旧まで長時間かかってしまいます。 以下に故障事例の一部を紹介いたします。

■架空ケーブルの損傷

住宅街を通過する光ケーブル上部が建機との摩擦で損傷し、歳月とともに浸水が進行し故障となった。 地上から損傷個所を目視することはできません。  

市内通過ケーブル故障

■河川横断の光ケーブルの損傷

河川上空の小動物による食害でケーブルの外覆がかじられ断線しています。食害箇所は目視できませんが、 光ケーブル監視システムと設備管理システムの地図の連携により位置を特定できます。  

山間部ケーブル故障
   

現地の景観写真です。ケーブルの断線箇所は目視できません。

山間部故障現地景観